CardWirth

  • プライベートシナリオ

    遺された紅き夢 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・読み物+店シナリオ
    ・レベル5~10程度

     これは、とある冒険者の、始まりと終わりのお話。
     6人、もしくは1人専用。
     クリア後は吸血鬼スキル販売シナリオとなります。

    水底の棺 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・読み物系シナリオ

     水底の棺に囚われたのはだあれ?
     水底に沈んでみる系一人?用読み物シナ。
     二人以上いると何かが起きたりします。

    月待ち図書館 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・店シナリオ

     うちの「此先の希望亭」のパーティのスキルを
     作ってみたのでついでに販売している店シナです。
     刀技、結界術、羽技、精霊術、杭技、医療術、長銃技、妖精舞術があります。

    葬列の跡 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・読み物系シナリオ

     これは、宿にいたはずの誰かの、葬儀のあとのお話。
     6人専用。一応パーティメンバー、その他、部外者から選べます。

    天体の都アーヴィル 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・店シナリオ

     うちの「玄妙の蔦亭」のメンバーによる宿シナ。
     ちょっとしたスキルとかも、あります。

    無から紡ぐ詩 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・店シナリオ
    ScreenShot_20140206_072512755
     無と有の狭間である「有の欠片」を紡ぐスキルのお店。
     有り体に言えば知力適性の呪歌。

    ネムリヒメ 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・探索・読み物シナリオ
    ・R-15指定
    ScreenShot_20140219_170820463
     眠り続けてしまっている眠り姫を介抱するお話。2人専用。
     流血・死亡表現等注意が多いため、
     ReadMeをよくお読み下さい。

    おくりもの 【公開前】
    ・CardWirth Next専用
    ・探索・店シナリオ
    ScreenShot_20140219_170601676
     PC1にプレゼントを贈るためにいろいろ選ぶお話。
     2人・6人から選べます。

    ——————————————————————————–

    ※以下プライベートでプライベートなシナ※

    おちたほしのわすれもの 【”ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・小話+店シナリオ

     うちの「玄妙の蔦亭」のセレネの種族、「星詠み」に関する補足やら
     いろいろ何やらかんやらなスーパープライベートシナです。
     「星詠み」という種族にご興味ある方がいらっしゃれば。

    十六色の魔札 【ダウンロード
    ・CardWirth Next専用
    ・店シナリオ
    ScreenShot_20140206_073114298
     16色ごとの魔札スキル・およびアイテムのお店。
     一番最初に作ったシナなので色々粗が多くてすみません。
     知る人ぞ知るアレの人です。おまけもいろいろあるよ。

    ——————————————————————————–

  • 宿紹介

    玄妙の蔦亭

    ・タスマ=カニーレ=ベイルファリア(タスマ)
    タスマ
    男性/若者/豪傑型/リーダー/前衛
    基本所持武器:剣
    関係者:セレネ・ロゼ
    パーティリーダーにして、結構な苦労人。お人好し。
    唯一の豪傑型のため、力仕事は大抵彼に任される。ぶっこわす。
    孤児院出身で、迷惑はかけまいと冒険者を始めたところ、
    孤児院の危機を知らせるためにセレネから声をかけられる。
    それからセレネとは主従関係であり、聖騎士のようなものだが、
    そういうスキルはほぼつけられていないとかなんとか。
    中二病的なアイテムやスキル、単語などが大好き。かっこいいから。

    ・セレネフィアル=バルカスィーム=ビショップ(セレネ)
    Male-CHD09
    男性/若者/策士型/参謀/支援・攻撃魔術
    基本所持武器:アクセサリ
    関係者:タスマ
    パーティーの頭脳担当であるまだ年端もいかない丁寧語で喋る少年。
    星詠みと呼ばれる少ない種族の頂点となっている存在。
    星の動きを読むことで、予言や星魔術を使いこなす。
    おかげで両目は星以外のものを見ることができないため、
    魔術行使の時以外は閉じている。周囲のものは星の動きで感じ取るらしい。
    が、その性格はいたって大胆不敵極まりなく、周囲を圧倒する。残虐。非道。
    正直支援型ながら一番強いのこの人だと思う。

    ・ピセア
    Female-CHD09
    女性/子供/策士型/補佐/回復・支援魔術・攻撃
    基本所持武器:なし
    関係者:なし
    まだ幼い少女…のように見えるが、その実態は樹齢千年を超える大樹。
    以前出会った人間の少女の姿を象り、人と触れ合うことを楽しんでいる。
    口調は年寄りらしく「~じゃ」などの年寄り言葉を使う。
    パーティ内では植物術による回復、支援や攻撃などを担っている。
    諸事情で(厚い信仰持ちの)セレネの代わりに頭脳となることもしばしば。
    いつしかまた樹に戻るとしても、今は人と沢山触れ合っていたいらしい。
    心優しく健気で元気のいい少女(の姿をした老樹)。

    ・ペイリス(ペイリス・ラウバー)
    Male-ADT09
    男性(オカマ)/大人/万能型/盗賊/吸血鬼
    基本所持武器:短剣
    関係者:???どこかの屋敷の主
    背の高い美しい女性…に見えるが、その実態は背が低めで女顔のオカマ。
    元々暗殺者であり、暗殺・窃盗などはお手の物。
    メイドの姿なのは、その職の後に仕えた主がいたためであるが、殺され、亡くしている。
    その際にペイリスも死んだが、蘇り、吸血鬼となった。
    今はその主が死の間際まで守り、その後行方不明になった主の恋人を、
    冒険者業をしながら探しているとかなんとか。これは誰にも言っていない。
    吸血鬼としては、かなり優秀なロードヴァンパイアである。
    杭の剣?そんなもの振り回しちゃうわよ。

    ・ダヌシュ
    Male-YNG14
    男性/大人/万能型/マスコット/弓使い
    基本所持武器:弓
    関係者:ラルカ
    秀麗なダークエルフ…のはずだが、穏健・悲観的・内気・謙虚の弱気男。
    ステータスもペイリスに劣り、かわいそうな扱いを受けることがとても多い。
    精神も低いため、たいていのエルフスキルは適応しない。かわいそう。
    新月の塔で顔に落書きされ、王様ゲームで掌破とパイルドライバーを連続で食らう。かわいそう。
    もともと森の守り人をしていたが、強くなりたいと願い冒険者になった。
    が、一人ではなかなかうまくいかず、玄妙の蔦亭に泣きついたとか何とか。
    そんな弱気な彼にも、ここにきてラルカという屍の恋人ができた。
    かわいそうながらも、なんだかんだで幸せなようである。

    ・ラルカ(ラルカ・フュネライユ)
    Female-CHD10
    女性/若者/策士型/死霊使い/アンデット
    基本所持武器:箒
    関係者:ダヌシュ
    はたから見れば美しく可愛らしい少女だが、実は死体である。
    殺され、墓に入ったところ、何故か蘇ってしまったという貴族の少女である。
    人形遊びが大好きだった彼女は、死した後、人形や同族である人間の死骸を操る術を覚えた。
    つまりアンデッドの長ともいえる存在である。本人は気づいていない。
    普段使う術は可愛らしく、人形を操り箒で空を飛んだりする。
    口を開くことはできるが喉を潰されており発声ができない。
    そのため人形を介して喋るのだが、たいてい口がすごく悪い。粗野。
    恋人であるダヌシュの前など、頑張れば女の子らしく喋らせることもできるらしい。
    ちなみに自然と両思いだったとか何とか。

    ・ロゼ(ロゼトレーネ・ピスキレーナ)
    Female-CHD10
    女性/若者/標準型/聖北教徒/セイレーン族
    基本所持武器:ナイフ
    関係者:タスマ
    とあるセイレーン族の姫にして、冒険者となった少女。
    能力の暴走を止められたことが切欠で仲間と共に過ごしたいと決意し、
    聖北教徒となり人間に馴染むことで正式に仲間入りをした。
    活発かつ世話焼きで料理上手、しっかりとした意思を持つ女性らしい一面も。
    セイレーン族らしく歌を用いた攻撃や支援の術を使用する。
    時折吟遊詩人の真似事をして、語り弾きなどもする。
    タスマに救われて以来、彼のことを女性として好いているらしく、
    必死にアタックを繰り返したりしているが鈍くて効果が無いとか何とか。
    そのため常に構われているセレネを何故かライバル視しているらしい。

     


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。